一般社団法人欧州構造接着エンジニアリング協会
Association of European Structural Bonding Japan

[DIN6701·2304·ISO21368規格対応認証要員育成トレーニング]

ホーム ≫ コースの内容 ≫

コースの内容

トレーニングコースの概要

トレーニングコースの概要1

トレーニングは25年以上の歴史があり、これまで世界で延べ1万人を超える人が認証を取得しています。
鉄道産業・自動車産業・電機・エレクトロニクス・修理業・接着剤サプライヤ等、接着接合にかかわる幅広い業界・団体が認証を取得しています。

トレーニングは3種類のコースと1種類の教育研修プログラムがあります。
資格試験に合格するとDIN6701-2 または DVS®3310および3311ガイドラインに準拠した各タイトルの合格者として登録され、各タイトルの認定証が授与されます。

トレーニングコースの種類

最新のトレーニングスケジュールはホーム画面下部の最新情報欄をご覧ください。
追加の情報等につきましてはお気軽にお問い合わせページからご連絡ください。

トレーニングの特徴

Nothing is so practical as a good theory!!
よい理論は実践的であると考えます。
(ドイツ社会心理学者クルト=レヴィン)

40%が実技トレーニング

40%が実技トレーニング

手を動かし体感しながら講義内容を確認いただきます。
体験・理論・考察が結びつくことで、より高い納得感を得ることができます。
それにより、理論や知識が深く参加者の身に染みこみ、確固たるスキルとして身に付けることができます。

講義は双方向コミュニケーションを重視

講義は双方向コミュニケーションを重視

人は学習後20分後には42%忘れ、1時間後には56%忘れ、1日後には74%忘れることを私たちは理解しています。
試験直前の暗記だけでは知識の定着は確実なものではありません。私たちのトレーニングではリピテーションやディスカッションを重視し、知識の定着を確実なものとします。

お問い合わせはこちら

WEBからのお問い合わせはこちら

サブメニュー

最新情報カテゴリ

月別最新情報アーカイブ

2024 (1)

モバイルサイト

一般社団法人欧州構造接着エンジニアリング協会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

一般社団法人欧州構造接着エンジニアリング協会

Association of European Structural Bonding Japan

本部〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-24 5F

研究所・トレーニングルーム〒338-0832 埼玉県さいたま市桜区西堀2-18-12

お問い合わせ