一般社団法人欧州構造接着エンジニアリング協会
Association of European Structural Bonding Japan

[DIN6701·2304·ISO21368規格対応認証要員育成トレーニング]

ホーム ≫ 規格について ≫

規格について

DIN6701

DIN6701

接着接合の特殊工程管理規格認証です。鉄道産業向けに発行された接着接合の品質保持規格であり、2008年からDE (ドイツ鉄道)が導入しています。
DIN 6701認証取得は、接着接合による製品を生産する企業は、ドイツ鉄道産業では必須です。

また、欧州全体でも実質的に拘束力のある規格として機能しており、多くの企業が認証取得を目指しています。2022年末にはEN規格として発行されました(EN 17460:2022)。
中国をはじめ、アジア各国への普及も始まっており、接着接合に特化した特殊工程管理規格の制定より、接着接合の信頼性向上に寄与しています。

DIN2304

DIN2304

基本はDIN6701と同等ですが、一般産業(自動車・航空・船舶・風力発電・電子機器など)向けに発行された接着接合の品質保持規格認証です。2013年に発行され、現在すでに欧州各国の自動車メーカーを始め、複数の産業でこの規格を導入されています。

企業認証により、顧客は接着接合された製品がマネジメントシステムに従って正しく製造されているという確証を得ることが可能となります。
DIN2304は欧州の自動車メーカーをはじめ、顧客主導で企業認証を要求される場合があります。

ISO21368

ISO21368

ISO21368は接着接合における品質要件ガイドラインです。品質マネジメントシステムにおいて、Special processである接着接合プロセスは、ISO9001以上の要求事項がリクエストされてきた背景から、2005年に初版が制定されました。その後コンポジット化技術の台頭などが背景となり、DIN2304の内容を取り込んだ改訂検討が進められ、2022年に第2版が制定されました。

第2版で以下の変更が加えられました。
  • 安全要件に従った接着接合クラス分類の追加
  • 接着剤接合人員の能力、知識および経験の明確化

以前は欧州の鉄道、自動車サプライチェーンを中心に適用されてきたDIN規格でしたが、それらを含んだ内容がISO化されたことにより、今後は接着接合技術者・管理者・製造要員の認定におけるグローバルスタンダードになっていくものと考えられています。

お問い合わせはこちら

WEBからのお問い合わせはこちら

サブメニュー

最新情報カテゴリ

月別最新情報アーカイブ

2024 (1)

モバイルサイト

一般社団法人欧州構造接着エンジニアリング協会スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

一般社団法人欧州構造接着エンジニアリング協会

Association of European Structural Bonding Japan

本部〒150-0046 東京都渋谷区松濤1-29-24 5F

研究所・トレーニングルーム〒338-0832 埼玉県さいたま市桜区西堀2-18-12

お問い合わせ